名古屋を中心に魅力的な話し方・語り方を学ぶ。あがり症克服・かつぜつを良くするための意識を劇的に変える、起業・就職・仕事に役立てるためのschool

調音の練習(活舌法)

調音の練習(活舌法)

発声練習

明角度のある発音と、正確な発音のためには調音の練習を充分に行なって下さい。


青は藍より出でて藍より青し。赤穂の城と秋の宮島。

明日の朝はあすの朝とも、あしたの朝とも読める。

慌てる時は阿波を食うのではなく泡を食う。

有りとあらゆる所をさがしたが有れば有るで使ってしまうので金の有ろう筈がない。


威勢のいい医者が椅子にもかけず忙しく動き廻る。

江戸を離れて庵住まいというのも悪くない。

今今と今という間に今ぞなく今という間に今ぞなくなる。

云い分があって云おうとしたが威圧されて何も言えなかった。


憂いぞ辛いぞ勤めの習いで上野から魚河岸まで夜明け前に収録。

兎はうすのかげから牛小屋を抜けて逃げ失せた。

鰻とうにを食べてうんうんうなり出した。

瓜売りが瓜売りに来て瓜売り残しうりうりかえる瓜売りの声。


絵を描かない絵かき。毎度の事乍ら前通りに願います。

英国の映画俳優の絵の描いてある絵葉書。

得たりやおうと飛び出して得て勝手なことを言って悦に入る。

絵姿になる江差追分の踊り手を絵師はさがしている。


お綾や親におあやまりなさい。

思う人には思われず、思わぬ人に思われる。

お願いされれば鬼の目にも涙、恩愛の縁に引かるる。

桶を置き忘れて奥でお内儀さんにおこられた。

お心ざしは有難いがお心底がおそろしい。


貨物船の旅客は貨物と一緒で旅客運賃が安い。

潜りつけりゃ潜りいい栗の木の潜り戸だが、潜りつけなりゃ潜りにくい栗の木の潜り戸だ。中小商工業振興会議。

鴨米噛みゃ、子鴨が粉米噛む、粉米の生噛み、こん粉米の粉生噛み。

特許許可局。日本銀行国庫局。隣の客はよく柿食う客。

古栗の木の古切り口。菊栗、菊栗、三菊栗、合せて菊栗、六菊栗。


崖の上の学校の頑固な学生が硝子戸をガンガン叩いてガリガリ先生にガミガミがなられた。

グータラな愚図のグループがグングン群を抜いたので軍人も群衆もグーの音も出なかった。

乳牛の牛乳と肉牛の牛肉をギューギュー詰め込んだので胃の腑がギューとなった。

漁業は漁期に入って遠洋漁業に出たが漁獲競争が烈しく漁獲高は少なかった。

カ゜
音楽学校の今学期の必須学科科目は、各教科協議の結果、美学、語学、国語と確定しました。

巣鴨駒込駒込巣鴨親鴨小鴨大鴨。

午後の衆議院本会議でイギリスの陸軍問題を取り上げた。

みごとな顎ひげの老人が名残惜し気に無言で孫の凍える手を握った。
佐賀の佐々木三郎さんと佐渡の佐々佐吉さんが去る日酒場で皿の鯖を肴に酒をさしつさされつしていたとさる人がささやいた。

繻子しゅちん。

社会情勢と周囲の諸情勢を参照し終始草案再審査の実際の働きに専念せられた秀才諸氏の意思を重視し小生は誠心誠意本成案の即時実施に賛成する。

社層の総名代、今日の奏者は、書写じゃぞ、書写じゃぞ。

タ・ダ
大変達者な足袋屋さん、太鼓の代わりにたらいをタンタン叩いて啖呵をきった。
この竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけたのです。
田どじょう・畦どじょう。

「一寸立って手伝って頂戴」といったんで立ったとたん「立ったついでだ、たどんを取って頂戴」と又言った。

暖炉の上の電気時計。


長持ちの上に生米生麦生卵。殿様の長袴、若殿様の小長袴。

なせばなりなさねばならずなるものをならぬは人のなさぬなりけり。

どじょうにょろにょろ三にょろにょろあわせてにょろにょろ六にょろにょろ。

のら如来のら如来 三のら如来に六のら如来。

ハ・パ・バ
橋の端の橋善で、はな鍋八杯喰ったらやっと腹八分目になった。

ひん死の使者が渋谷から日比谷へ必死で疾走した。

へべれけに酔っ払ってへなへなへたばった。

東北放送、特派員。

ほらふきのほら平うっかり本音を吐いたら堀の中へほうり込まれてほうほうの体。

武具・馬具・武具・馬具三武具馬具・合わせて武具馬具六武具馬具。

伝染病予防病院・予防病室・伝染病予防法。

坊主が屏風に坊主の絵を書いた。

狸百匹箸百ぜん天目百杯棒八百本。

蛙ぴょこぴょこ三ぴょこぴょこ、合わせてぴょこぴょこ六ぴょこぴょこ。


青巻紙・黄巻紙・赤巻紙。

皆々様の見ている御前で右の耳から耳輪を三つ見事に取り出して見
せます。

麦ごみ麦ごみ三麦ごみ、合わせて麦ごみ六麦ごみ。

眼医者と名詞屋はめいめい名士に面識があった。

森の杢兵衛最中をもぐもぐ文句ももぐもぐ、もぐもぐもぐもぐ六もぐもぐ。


闇の山で嫌な奴に会ったがやっとややこしい道をぬけて夜半に宿へやって来た。

夕刊でユヤの由来を読んでゆうべ熊野の夢を見た。

よき人のよしとよく見て良しと云いし吉野よく見よよき人よく見つ。


ラッシュアワーのだらだら坂を下りながら暖房のこと、ラクダのシャツ、ラジオの団らん等を考えていた。

老練な理論家だけに理路整然と論理的に議論する。

治療中の旅客、最良の料理。

りんりんとりんと振ったる小薙刀、一振り振れば敵はちりりん。

踊踊るなら、踊の道理をならって踊の道理どうりに踊を踊れ。

とろろ芋を取る苦労よりとろろ芋からとろっとするとろろ汁をとる苦労。


わらわばわらえ、わらわはわらわれるいわれはないわい。

岩井はお岩へお祝いを言う、お会いしてお祝いを云うわ。

わしの家のわしの木に鷲が止まったから、鷲が鉄砲で鷲を打ったから鷲も驚いたがわしも驚いた。


powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional